投稿

ほぼ日手帳2019 ラインナップ・プレビューを見てきました!

ほぼ日手帳2019 のラインナップ・プレビュー、平日に行くとくじ引きができるというので、平日に行ってみました(いやしい)。
「カレー!」と言いながらひいたら「ほぼ日の日本茶」でしたよ・・・まぁ飲んだことないですし、知らないものを体験するのも良いものだから、よしとします!
で、カレーの恩返しは購入しました。これを鶏南蛮蕎麦(温)に入れると美味しいんですよ~。

カレーの恩返し ほぼ日の日本茶

さてさて、好きなものと気になるものだけチェックしてきました。
その様子はInstagramの方にアップしましたので、ご覧いただけると新鮮ほやほやのレポートを読んでいただけるかと思います。
こちらには、実物を見て「案外いいじゃないの」と思ったセカンドインプレッションで惹かれるものをあげてみたいと思います!

実物を見て「これ素敵」と気になったカバー

Arts& Science Fondante、Oltremare

実物を見ても変わらなかった、というか「ますます素敵」となった筆頭がArts&Scienceのシリーズ。
革の触り心地がいい!これは長く楽しめる革です、きっと!!
デザインもいいし、サイズも大きすぎるかと思ったらそうでもなかったです。
今年のA&Sのこのシリーズ、大きいんじゃないかという声がちらほら聞こえてきていますが、オリジナルのジッパーズを使ってる人からしたらそう感じるのかな~・・・私は許容範囲だと思いますよ。むしろいい大きさ。

Arts&Sceience

青の色も鮮やか。

でもほぼ日で買うとしたら私は茶色。

Fondante

裏側、ポケットのコバはどうなってるんだ?と思ったら、ベースの革と別々のままでした。ミシン目まで、接着したりはしていないようですが、使い込んでいくと一緒に丸くなっていくんじゃないでしょうか。

Fondante

こうなるとA&Sのお店で販売するものも気になりますよね。ここで買うなら黒一択でしょ、と思ってるんですが、ボルドーも見たい・・・中と外の皮の差はなかったはずなので、多分ボルドーもこの内側と同じ革が外側にも使われていると思うんですが・・・。
革好きの方にはおすすめだと思います。

ちなみに数年前の黒いジッパーズを持ってまして、A&Sのお店の方にお手入れ方法を聞いたところ「気にせずガシガシ使ってください。傷がたくさんついた頃に、迫力も出てきます。それが一番のお手入れです」と言われました。男前な返答でした(女性でしたけど)。

 

そしてSteiff

シュタイフ

カバー類はかさばるし夏は暑そうだから使いたいと思わないのですが、ベージュのファーに内側は焦げ茶という組み合わせは、いい。
そして、クマのキーホルダーが思いの外素敵でした。関節がしっかりしていて、顔も写真よりかわいい。なんというか、値段の分だけある感じがします。これだけ、長~く相棒的に使うのもいいんじゃないかなーと思っちゃいます。

シュタイフweeks

そしてweeksの内側がかわいい!!この色の取り合わせ、いいですよねぇ。

 

そんでもって、5年手帳贈りものセット「Bloom」

ほぼ日の5年手帳贈りものセット

これがねー、刺繍がすごく緻密で素敵でした!贈り物でこんなの頂いたら、すごいですよね!!
私は昨年にヌメ革のカバーを買っていますので、それを使い込みたいので購入しないとは思いますが、とってもとっても素敵でした。持ってなかったら買ったかなーー。これ、毎年売ってもいいと思うんですけど!単品でもいいと思うんですけど!!

 

Forest

写真で見ると、黒いな~と思っていました。現場で実物を見たら「あっ、緑だ」と思ったんですが、自分が撮った写真も黒っぽくて、ますます記憶が曖昧になります。
こまったカバーですが、なんていうの、「普通の手帳カバー」みたいで良かったです。「ほぼ日だー!!!!」っていう感じでなく、中身が高橋手帳とか、NOLTYでも違和感ないような。ビジネスシーンでも恥ずかしくない手帳(笑)。
中がヌメ革でも、バタフライストッパーが同色だと子供っぽくならないですね。今さらながらForestという名前もいい。

Forest

Forest

その他、気になったものたち

どせいさんのweeks、「こーひーをのんでいってください」は、触り心地がしっとりスルスルでびっくりしました!!どせいさんの触り心地のイメージか?と思いましたよ。

チャレンジミッケ!のweeks、「たくさんのゲーム」の表面がツルテカなんですが、トーン暗めの写真と合ってて、いい。

今年のweeksの赤い革、ファインクラシックの「ルージュ」は色が明るめで、持っているカバーにさしてもかわいかったです!

・・・weeksの話ばかりになりました。

 

番外編:他社のカバー「Galen Leather」ジッパーズ

Galen Leather

黒革のシンプルなジッパーズ、素敵!と思って海外サイトでオーダーしました。こちら
お値段は法外に高いわけでもなく、送料合わせて89ドルくらいだったんですが、メールアドレスを登録して回せるディスカウントルーレットを回したら、12ドルほど値引きのクーポンが手に入りまして、約77ドルで購入。

Galen Leather

クリスマスシーズンにオーダーすると、このメジャーがついてくるとのことでした。これがすっごくかわいくて「絶対つけてください~お願いします~このためにオーダーしたんです~!」とメッセージしました(笑)。今はお店ではこのメジャーは真鍮の製品になっています。(このときは紙?印刷)いつか欲しい。
万年筆のケースが良いらしいですよ。購入されている方をちらほら見かけます。

このカバーも、まぁ写真で見ている分にはいいんですが、これ、実物はびっくりするくらいデカイ!weeksがカバーの中で泳げるんじゃないのっていうくらい。それで、しまい込んだままになっております。。。いつかあの大きさでも、持ってもいいやって思える日がくるんだろうか。さすが海外物。

アンリクイールのweeksカバーもデカイ!

アンリさんのweeksカバーも大きいです。
MEGAを入れると、オリジナルと同じ幅、厚みも少し薄いくらいであまり変わらず、高さはより高くなります。weeksの機動性はなくなります。革が裏表二重なので、アンリさんのバタフライストッパーのカバーのような軽さはなくて、しっかりしています。つまり重い(笑)。
購入された方のInstagramを見ていても「重い」「でかい」「かさばる」といった感想はぽつぽつ見受けられました。

アンリークイールweeksカバー
オリジナル一年版を入れたヌメプレミアム2014と比較。
ヌメ革カバー、出してくれませんね。毎年「今年こそ出るか」と期待して待っているのに、出ない。。。2014年から出てこないですね。

結局のところの本命

ほぼ日手帳2019 LOFT限定
※ほぼ日サイトより画像をお借りしております。

ロフト限定のMEGAが欲しいです(笑)
アンリカバー紺にさしても、ボルドーにさしても使えるかな、と思っています。ボルドーは花の刺繍が水色なので。

今年は他のお買い物で出費をしてしまったので、カバーは我慢して、本体もできればギリギリ購入でもいいかなと思っています。
その他、カズンとオリジナル(どちらも1年1冊版)を買うと思います。

ほぼ日手帳2019、画像ではこれが良さげ

ほぼ日手帳2019のラインナップが、発表されました!
私は手帳バカなんですが、ここ数年、ほぼ日手帳を使っています。
オリジナルから使用しはじめ、仕事とプライベートを分けず、すべてを一冊につめこむことを理想にしていました。今もそれは変わりません。
(この本の影響です↓)
しかし現状、すべてを一冊には、出来てはいないです。


まずは使用状況、私の手帳使用変遷

ほぼ日手帳愛好家のご多分に漏れず日々をデコっていたのですが、仕事のことを書き込む比重が高くなり、会議やミーティングでデコ手帳を開くのも恥ずかしくなり、ノーデコ手帳に。
個人的キャップレス(万年筆)ブームも到来し、アイデアスケッチや大量のメモも受けとめるサイズ感が魅力の、A5サイズのカズンと合わせて使うようになりました。
2018年は私の大好きなアンリークイールのweeksカバーが発売されたこともあり、本格的にメイン手帳としてweeksに移行しました(好きすぎて、ネイビーとレッドを購入しました)。一週間を俯瞰できるのはとても便利で、現在はこのフォーマットが自分にぴったりだと感じています。
MEGAが出たので、せっかくですから使ってみました。それ以外にも「ほぼ日のメモ帳」にタスクやメモを書いています。先日6冊を使い終えましたから(240ページ)、MEGAの後ろのメモ帳だけでは、私の一年には足りない計算になります。
その他に、カズンをレシートやチケットのスクラップブックとして使っています。カズンが太っていく様は迫力があります。


 

手帳以外のノートについて

アイデアスケッチをするノートは別にしました。今はMUCUの革表紙のリングノートを使っています。紙は藁半紙のようにグレーでふかふかで、鉛筆でざくざく書いても気後れしないところが気に入っています。このノートは、使い終わったら紙を入れ替えてくれるサービスがあり、革の表紙を育て続けることができます。
あとはポスタルコのスナップパッドA5にミスコピーした紙を挟んで、捨ててしまうようなデスクメモとして使っています。デザインワークごりごりの時期は、裏紙となるコピー用紙がたくさん生まれるのですよ。。。
愛用色はブラウンですが、廃盤になってしまったようですね。今なら「Faded Black」が欲しいです。

8月からは「ほぼ日手帳祭り」状態に

来年もこのカバーを使い続けようと思っていますので、中身のweekを選ぶくらいなのですが、どんなカバーが出たのか「あれもかわいい、これもかわいい」とウィンドウショッピングのようにほぼ日手帳2019予告サイトを楽しんでいます。

このサイトでは8月1日から毎日少しずつ情報が公開され、とうとう本日すべての手帳カバーの情報が公開されました。それに合わせて、ほぼ日のギャラリーである「TOBICHI」では、実物の展示会が始まっています。
このほぼ日のマーケティング戦略で、8月の私はワクワクしっぱなしです。

さてさて僭越ながら毎年恒例なのですが、私が個人的に、画像の時点で気になった手帳とカバーのセレクトをご報告いたします。
こちらの記事の画像もすべて「ほぼ日手帳2019予告フェス」サイトから拝借しております。

 

「これ素敵」と気になったカバー

一番、無条件に素敵と思ったのはこちら、牧野富太郎「ヤマザクラ」
モノクロの植物標本図なんて・・・最高・・・。
MEGAを買うつもりでしたが、このweeksのおかげで巻末メモのページ数はどうでもよくなりました。
しかし「植物の愛人」って言うから嫁もいないのかと期待したら、ちゃんといるじゃないか!ん!?だから愛人か!!

 

しかし絵柄のついたweeksは表面がテラテラとコーティング加工されている可能性が高いと思うんですよね。そうだとしたら、その質感がいやかもしれません。
昔一度トライして挫折したのですが、また「革in革」しようかしら。。。

 

2015年、B印YOSHIDAのキャメル革カバー茶色のシープスキンの本体を差し込んで使っていたのですが、開く・閉じる時にギチギチと音がするんです。それが不快で、途中で使うのをやめてしまいました。
その二の舞になるかもしれませんが、諦めきれない「革in革」。昔のシープスキンweeksを探しだして、装着実験してみたいと思っています。

 

ひょっとしたら買うor友人には勧めたいカバー

毎年、オリジナル、プランナー、カズンと全部揃えていたのですが、5年手帳の登場でオリジナル系を使わなくなってしまいました。
オリジナルとプランナーは2019年はひょっとしたら買わないで、カズンとweeksでいこうと思っています。


Luna Meadow
オリジナルは使わないのに素敵と思うカバーが多く、たくさん集めてしまっているので、お腹いっぱいです。
カズンはまだ余裕があるよ!ジッパーズひとつしか持ってないよ!ということで、このカバーは良さげです。
実際の色合い・風合いを見てみたい!
布ものは私にとっては危険で、実物を見てやめる率が高いです。

 


タイト
実際これにするぞってなったら、新しい年に面白みにはかけるかもしれないけど、革装丁本みたいに手帳を使えて素敵です。
使い込んでいけばより味わいもあたりも出て、いいんじゃないかなーーー。
トラベラーズノートみたいな味わい出てくれたら、いいなぁ。革次第ですが、ブックカバーとしてでも買っておいても良さそうと思うくらい。いいなぁ。

 


Arts & Science
私の中では「使わなくても欲しい」な定番ブランドなんですが、これの数年前の似たジッパーズの黒を持っていますので、自分では必要ないけど絶対素敵。
一度A&Sジッパーズは横幅が長くなって正方形みたいになりましたが、これくらいの手帳黄金比率を保って欲しいです。
しかしなぜ左ジッパーなのだろう??ポケット使わない派だからいいんですが。
いや、「ジッパーinジッパーズ」の必要性はどうなんだろう?書く時にぼこぼこしそうだけどなぁ。

 


Flower Lace
大きめの柄のレースが素敵で、リネンのベースも良いんですが、栞の先が丸い革なのが。。。ファンシーで。。。いやです。。。
さらっとしたものにしてほしかった。
歴代珍しいカバーだと思うので割と買いだと思いますが、栞は丸い革を切り落として、房のようなものに変更したいかな。

 

その他、気になったこと

今のところ盛り上がったのはこれらですが、その他で気になったことなど。。。

Forestも気になりますが、クロームなめしってどうかなぁ。

5年手帳のカバー、ペンフックが出てるの・・・いやです。
今年のやつってどうなってたっけ??来年もこのまま使い続けるつもりです。
大きなサイズが出ましたが、今のサイズで埋めるのが私にはちょうどよいです。

ミナ・ペルホネンのringoのweeksカバー、発表があった当初は良さそう!と思ったのですが、革じゃないという理由で踏みとどまります。
手帳は革にして、味を出していきたいんですよね。
weeksのジッパーズだから、あっても良さそうですけど・・・

怖くないクマのおまけ、欲しい。
おまけのジェットストリームのデザインも変わって素敵。
2019年の下敷きは明るい水色と黄色だそうで、その時々、カバーの色に合わせて使いたくなるのでストック買いしていますが、来年のはどうかな~。今のところ琴線に触れないです。
ちなみに万年筆で使っているので、出番はないんですけどカバーに挟んで持ち歩いています。定規になって便利なのです。
かっこいい定規といえばこれ欲しい。いつかオーダーするぞー!

 

TOBICHIでのラインナップ・プレビュー

毎年会期中の日曜に行っていたのですが、平日のみもらえるおまけを目当てに(笑)、来週の平日のどこかで見に行く予定です。
実物を見たら、また変わった感想を書いてみたいと思います。
実物を見た感想「
ほぼ日手帳2019 ラインナップ・プレビューを見てきました!」