ほぼ日手帳2019、画像ではこれが良さげ

ほぼ日手帳2019のラインナップが、発表されました!
私は手帳バカなんですが、ここ数年、ほぼ日手帳を使っています。
オリジナルから使用しはじめ、仕事とプライベートを分けず、すべてを一冊につめこむことを理想にしていました。今もそれは変わりません。
(この本の影響です↓)
しかし現状、すべてを一冊には、出来てはいないです。


まずは使用状況、私の手帳使用変遷

ほぼ日手帳愛好家のご多分に漏れず日々をデコっていたのですが、仕事のことを書き込む比重が高くなり、会議やミーティングでデコ手帳を開くのも恥ずかしくなり、ノーデコ手帳に。
個人的キャップレス(万年筆)ブームも到来し、アイデアスケッチや大量のメモも受けとめるサイズ感が魅力の、A5サイズのカズンと合わせて使うようになりました。
2018年は私の大好きなアンリークイールのweeksカバーが発売されたこともあり、本格的にメイン手帳としてweeksに移行しました(好きすぎて、ネイビーとレッドを購入しました)。一週間を俯瞰できるのはとても便利で、現在はこのフォーマットが自分にぴったりだと感じています。
MEGAが出たので、せっかくですから使ってみました。それ以外にも「ほぼ日のメモ帳」にタスクやメモを書いています。先日6冊を使い終えましたから(240ページ)、MEGAの後ろのメモ帳だけでは、私の一年には足りない計算になります。
その他に、カズンをレシートやチケットのスクラップブックとして使っています。カズンが太っていく様は迫力があります。


 

手帳以外のノートについて

アイデアスケッチをするノートは別にしました。今はMUCUの革表紙のリングノートを使っています。紙は藁半紙のようにグレーでふかふかで、鉛筆でざくざく書いても気後れしないところが気に入っています。このノートは、使い終わったら紙を入れ替えてくれるサービスがあり、革の表紙を育て続けることができます。
あとはポスタルコのスナップパッドA5にミスコピーした紙を挟んで、捨ててしまうようなデスクメモとして使っています。デザインワークごりごりの時期は、裏紙となるコピー用紙がたくさん生まれるのですよ。。。
愛用色はブラウンですが、廃盤になってしまったようですね。今なら「Faded Black」が欲しいです。

8月からは「ほぼ日手帳祭り」状態に

来年もこのカバーを使い続けようと思っていますので、中身のweekを選ぶくらいなのですが、どんなカバーが出たのか「あれもかわいい、これもかわいい」とウィンドウショッピングのようにほぼ日手帳2019予告サイトを楽しんでいます。

このサイトでは8月1日から毎日少しずつ情報が公開され、とうとう本日すべての手帳カバーの情報が公開されました。それに合わせて、ほぼ日のギャラリーである「TOBICHI」では、実物の展示会が始まっています。
このほぼ日のマーケティング戦略で、8月の私はワクワクしっぱなしです。

さてさて僭越ながら毎年恒例なのですが、私が個人的に、画像の時点で気になった手帳とカバーのセレクトをご報告いたします。
こちらの記事の画像もすべて「ほぼ日手帳2019予告フェス」サイトから拝借しております。

 

「これ素敵」と気になったカバー

一番、無条件に素敵と思ったのはこちら、牧野富太郎「ヤマザクラ」
モノクロの植物標本図なんて・・・最高・・・。
MEGAを買うつもりでしたが、このweeksのおかげで巻末メモのページ数はどうでもよくなりました。
しかし「植物の愛人」って言うから嫁もいないのかと期待したら、ちゃんといるじゃないか!ん!?だから愛人か!!

 

しかし絵柄のついたweeksは表面がテラテラとコーティング加工されている可能性が高いと思うんですよね。そうだとしたら、その質感がいやかもしれません。
昔一度トライして挫折したのですが、また「革in革」しようかしら。。。

 

2015年、B印YOSHIDAのキャメル革カバー茶色のシープスキンの本体を差し込んで使っていたのですが、開く・閉じる時にギチギチと音がするんです。それが不快で、途中で使うのをやめてしまいました。
その二の舞になるかもしれませんが、諦めきれない「革in革」。昔のシープスキンweeksを探しだして、装着実験してみたいと思っています。

 

ひょっとしたら買うor友人には勧めたいカバー

毎年、オリジナル、プランナー、カズンと全部揃えていたのですが、5年手帳の登場でオリジナル系を使わなくなってしまいました。
オリジナルとプランナーは2019年はひょっとしたら買わないで、カズンとweeksでいこうと思っています。


Luna Meadow
オリジナルは使わないのに素敵と思うカバーが多く、たくさん集めてしまっているので、お腹いっぱいです。
カズンはまだ余裕があるよ!ジッパーズひとつしか持ってないよ!ということで、このカバーは良さげです。
実際の色合い・風合いを見てみたい!
布ものは私にとっては危険で、実物を見てやめる率が高いです。

 


タイト
実際これにするぞってなったら、新しい年に面白みにはかけるかもしれないけど、革装丁本みたいに手帳を使えて素敵です。
使い込んでいけばより味わいもあたりも出て、いいんじゃないかなーーー。
トラベラーズノートみたいな味わい出てくれたら、いいなぁ。革次第ですが、ブックカバーとしてでも買っておいても良さそうと思うくらい。いいなぁ。

 


Arts & Science
私の中では「使わなくても欲しい」な定番ブランドなんですが、これの数年前の似たジッパーズの黒を持っていますので、自分では必要ないけど絶対素敵。
一度A&Sジッパーズは横幅が長くなって正方形みたいになりましたが、これくらいの手帳黄金比率を保って欲しいです。
しかしなぜ左ジッパーなのだろう??ポケット使わない派だからいいんですが。
いや、「ジッパーinジッパーズ」の必要性はどうなんだろう?書く時にぼこぼこしそうだけどなぁ。

 


Flower Lace
大きめの柄のレースが素敵で、リネンのベースも良いんですが、栞の先が丸い革なのが。。。ファンシーで。。。いやです。。。
さらっとしたものにしてほしかった。
歴代珍しいカバーだと思うので割と買いだと思いますが、栞は丸い革を切り落として、房のようなものに変更したいかな。

 

その他、気になったこと

今のところ盛り上がったのはこれらですが、その他で気になったことなど。。。

Forestも気になりますが、クロームなめしってどうかなぁ。

5年手帳のカバー、ペンフックが出てるの・・・いやです。
今年のやつってどうなってたっけ??来年もこのまま使い続けるつもりです。
大きなサイズが出ましたが、今のサイズで埋めるのが私にはちょうどよいです。

ミナ・ペルホネンのringoのweeksカバー、発表があった当初は良さそう!と思ったのですが、革じゃないという理由で踏みとどまります。
手帳は革にして、味を出していきたいんですよね。
weeksのジッパーズだから、あっても良さそうですけど・・・

怖くないクマのおまけ、欲しい。
おまけのジェットストリームのデザインも変わって素敵。
2019年の下敷きは明るい水色と黄色だそうで、その時々、カバーの色に合わせて使いたくなるのでストック買いしていますが、来年のはどうかな~。今のところ琴線に触れないです。
ちなみに万年筆で使っているので、出番はないんですけどカバーに挟んで持ち歩いています。定規になって便利なのです。
かっこいい定規といえばこれ欲しい。いつかオーダーするぞー!

 

TOBICHIでのラインナップ・プレビュー

毎年会期中の日曜に行っていたのですが、平日のみもらえるおまけを目当てに(笑)、来週の平日のどこかで見に行く予定です。
実物を見たら、また変わった感想を書いてみたいと思います。
実物を見た感想「
ほぼ日手帳2019 ラインナップ・プレビューを見てきました!」