スパイラルクリスタル

spiraL_crystal

水晶はみんな、スパイラル構造を持っています。
ですので、何か特別な鉱石が混じっているということではありません。
「どちら向きに結晶がスパイラルしているか」ということを調べてはっきり区別した、ということの証として、この名前をつけています。
結晶の向きにより、タイムリンク・クリスタルの窓が右に流れていたり、左に流れていたりして、
未来と過去のどちらに関係した水晶なのかがわけられています(これは水晶好きの方でないと全く何のことやらの一文ですね)。

ややこしいのは、鉱石として「右水晶」「左水晶」と呼ばれている名称と、スパイラルの巻きの向きは違っているのだそうです。
写真の水晶は、一見青い矢印のほうへ螺旋を巻いていそうな雰囲気なんですが、結晶としては逆に巻いていまして、
左巻き(緑の矢印)構造なのだそうです。時計とは逆周りな訳で、過去の情報と関係のあるタイムリンク・クリスタルということになります。
でも名前は「右水晶」(笑)。 ややこしや~ぁ、ややこしや!
螺旋構造を見ることのできる機械の開発により、内部の構造が反対になっているということがわかったとかで、「見た目=名前≠結晶構造の螺旋方向」となってしまったようですね。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに、「螺旋って裏から見たら反対向きになってるんじゃ?」と思ったんですが(笑)、この機械で見ると裏側から見ても同じ方向に螺旋しているんですってー。かしこいわ~。
私の中では「右巻き水晶」「左巻き水晶」と呼んで区別することにしましょう。

脳みそがしんどくなってきました(笑)。
結晶の向きをそろえてブレスレットにした、ということがすごく素敵なことなんです、私にとっては。

ずいぶん前になりますが、霊的なヒーリングを行っている方が大きな水晶の珠を108珠連ねた、本式の数珠を持っておられました。ヒーリングを行う際にはその数珠を手に持たれて、行っていらっしゃいました。
その数珠は“結晶の向きを揃えた”もので、持つ人のエネルギーを強く拡大するので、心・体・霊の浄化ができていないと、邪気も拡大してしまう・・・とのことでした。

私は身体に悪い食べ物も好きですし、邪心はありますし、霊的にはわからないですけど、まぁ完成されているとは到底言えないので、そのお数珠を持つことはもちろん無理なんですが、、、、

欲しいよねぇ(笑)

それから「結晶の向きが揃っている」って何だろう?とずーっと頭の隅っこに「?」が置きっぱなしになっていました。
それが仕入れに行ってみまして、このビーズたちを見かけまして「おお!そういうことか!!!」となったわけです。多分、エネルギー拡大のことから言っても、ヒーラーの方が持っておられたのは右巻きの水晶の珠を連ねたものなのではないかと思います。

片側の巻きずつ、一本ずつ販売しても良かったのでしょうけれども、どうもどちらかに偏ってしまうのは、言葉通りアンバランスな感じがしましたので、左右巻き両方をセットにして販売することにしました。
私自身も、ここのところ左右の腕につけています。
調子良い感じです^^