レムリアン・ヴォーゲルワンド

レムリアン・ヴォーゲルワンド

アメリカの科学者・フォーゲル氏が考案した形のワンドです。
この形のものを初めて手にしたのは、石好きになって間もなくのことでした。
ローズクォーツでできたとても大きな12面体のワンドでした。先端に向かって螺旋を描くようなインクルージョンがあり、先端部分は澄んだ濃いピンク色をしていました。これは売ってしまったんですよね。今は手元にはないのです。

2010年の冬の始りあたりから、またこの形が欲しくなりました。
自分のそうした心の動きゆえに、この年はたくさんのまっすぐなマーリン型(てっぺんのファセットがすべて等しい三角形の六角柱型)水晶ポイントを探しては販売していました。この形は加勢先生が「もっともバランスの良い水晶」としていましたし、ワンドとして使うのに良いと思っていたのです。それでどうしても目がとまります。
まぁ、ワンド好きはずっとなのでこの年だけじゃないんですけどね。多分これからもそういう適した水晶を見つけたら仕入れます。

原石も良いし、フォーゲルワンドもいいなと思っていました。フォーゲルワンド自体はレギュラー的なアイテムですが、マニアックな商品なせいか(笑)、ありそうで無いのです。

はたして見つけたとしても高価で、それをどう使ったらいいの?ということを案内するのは難しそうに思えました。気を抜いたり入れたりするもので、しかもそれを強力に行います。
どこにどうエネルギーが在るのかわかっていないと扱えなさそうだし、調べてもやっぱり「素人はやたらと手を出すなよ~」というような雰囲気の記述が多いのです。

私は自分に対して使うために、ワンドが欲しいと思っていました。煩悩から生じる何か黒いものを、はき捨てたい、出してしまいたいと思っていました。人に使うのは怖いけど、自分なら自己責任です。
考え方を変える本を読んだとしても、思考の習慣はそうそう変わらない年齢になってきました。もちろん良い習慣を身につける努力はするとして、物理的に(といっていいのかな)そういう黒いものがオーラとして存在するなら、それを直接、地の底へ返すような勢いのあるアイテムが欲しかったのです。
それで思い至ったのがフォーゲルワンドでした。

こうやって文章にしていると煩悩という言葉になりましたが、これまでは「なんとなく黒いモヤっとしたもの、文句や不平を言いたくなる気持ちや感情、不信、不安」と思っていました。煩悩打ち破り系だったら、独鈷杵でも良かったのかもしれません。

本当のフォーゲルワンド(フォーゲルさん指導のもとに今も製造されているフォーゲルワンド)は、人工の水晶を使っているのだそうです。人工水晶はクリアで癖がなく、ツールとしては良い素材です。天然石好きには人工を嫌う風習がありますが、使い方によるんだなと思います。

ブラジル産のレムリアンシードはツールに適した水晶です。癖や個性があまりなく、均一な感じのする水晶も、ブラジル産レムリアンシードの優れた点だと私は思っています。(もちろん個性的なポイントも見かけますが)
古代の人々がレムリアンシード水晶をツールとして使っていたという説がありますが、頷けます。ツールとして使っていたものなので、クリアなものが多いんじゃないかな、と思います。

自分メンテにこう使うだろう、という使い方の紹介です。
お祈りをするように、先端(細い方)を下にして両手で握り、ひたすら黒いものがワンドを伝って出ていくイメージをします。思考の黒さなら額に手をつけ、感情の黒さなら胸につけます。感覚的には右手で握った上から左手をかぶせます。エネルギーを出すのではなくて受け取りたい時は逆にすると良いかと思います。
この握り方で持っているだけでも、ジーンときます。心地よいです。

黒さ対策に限らず、何か答えの欲しい問題があれば先端を外側にして握り「これってどうなのよー」と質問を発し(右手で水晶に触れ、左手をかぶせる)、発し終わったと感じたら向きを反対にして(左手で水晶に触れ、右手をかぶせる)イメージを受け取る、という使い方もありかと思います。これは直感を受け取れるように、額かな。質問によって方角を変えると思いますが、問題や悩みを照らすのなら、東向きで良いのではないかと思います。
方角の意味や知識については、ネイティブアメリカンの人達の考え方が参考になると思います。
くれぐれも自分を鋭い先端で刺さないように、お気をつけ下さい!

また使っていって気付いたことがありましたら、ご紹介したいと思います。

ターコイズ

Exif_JPEG_PICTURE

天然石に興味が出てから二番目に買った石が、ターコイズのカボションでした。
「メディスン・ホイール―シャーマンの処方箋」という本で、ターコイズが守護石と知り、
お守りとしてひとつ欲しいなと思っていましたところ、この石を発見。
モルワイデ図法の世界地図みたいに見えて面白くて、購入しました。

もともと憧れの強い石です。
なんでだったんだろう?思い出せません。
それが守護石と知って、とても嬉しかったのです。

しかし集めることができませんでした。これもなんでだろう?
なんだか生きている気がするんですよ。
もちろん、他の石だって生きてるんですけど・・・なんかこう、持ち主との結びつきが
他の石とは違う感じがするんですよね。
密接で深い、盟約でも交わしたんじゃないかというような。

水晶もすごく「友」な感じですが、彼らは人の手から手へ渡っていく永い時間をわかっていて
今話せることを話そう、できる役割を果たそう、っていう好意的行為を
習性として持っている感じがするんです。
だから、自分がいなくなったら別の人の手に渡るんだなー、という感覚がある上で
パートナーシップを築くようなおつきあいしてます。

ターコイズはその点、一緒に墓にまで入りそうな感じがあるんでしょうね(笑)
もしくは「誰かの手に」ではなく、「子々孫々まで受け継ぐ」という感じのもの。

国や民族をあげて珍重された石には、
独特の「人との付き合い方」についての個性があるような気がします。
翡翠とかもね。

昨日は久しぶりに瞑想めいたことをしました。
ターコイズの中に入りたい!と思ったので。
こんな感じの世界です。

wind-father

マルガレーテ・ペーターゼン・タロットの「羽根の父」のカード
Das Margarete Petersen Tarot. Buch und 78 Karten

これでもう少し黄色みが強い感じかな。
具体的に何をしたのか、昨日のことなのにもう忘れましたが、
脳の回路とかシナプス的なものを風にさらし、パソコンのデフラグみたいな感じで
クリアにしたんじゃなかったかと思います。

このカードの意味の中に
「終わりのないもつれた言葉たちは、もはや私を混乱させることができません」
という一節があります。

ターコイズの中は、
本当に広くて、さらに広がっていって、
そしてすべてに自分が浸透していて、
どこまでも行けるような、すっごい爽快感でした。

ターコイズはこの他に、高品質な珠を使ったブレスレットを一本と、
チベットのアンティーク珠をひとつ持っています。
チベット・アンティーク珠は思いがけずいただいたもので、
この石は贈ってもらうとよりパワーが強まるという言い伝えがありますから、本当に嬉しかったです。

何か石を贈りたいと思ったら、ターコイズがいいと思いますよ~。

スパイラルクリスタル

spiraL_crystal

水晶はみんな、スパイラル構造を持っています。
ですので、何か特別な鉱石が混じっているということではありません。
「どちら向きに結晶がスパイラルしているか」ということを調べてはっきり区別した、ということの証として、この名前をつけています。
結晶の向きにより、タイムリンク・クリスタルの窓が右に流れていたり、左に流れていたりして、
未来と過去のどちらに関係した水晶なのかがわけられています(これは水晶好きの方でないと全く何のことやらの一文ですね)。

ややこしいのは、鉱石として「右水晶」「左水晶」と呼ばれている名称と、スパイラルの巻きの向きは違っているのだそうです。
写真の水晶は、一見青い矢印のほうへ螺旋を巻いていそうな雰囲気なんですが、結晶としては逆に巻いていまして、
左巻き(緑の矢印)構造なのだそうです。時計とは逆周りな訳で、過去の情報と関係のあるタイムリンク・クリスタルということになります。
でも名前は「右水晶」(笑)。 ややこしや~ぁ、ややこしや!
螺旋構造を見ることのできる機械の開発により、内部の構造が反対になっているということがわかったとかで、「見た目=名前≠結晶構造の螺旋方向」となってしまったようですね。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに、「螺旋って裏から見たら反対向きになってるんじゃ?」と思ったんですが(笑)、この機械で見ると裏側から見ても同じ方向に螺旋しているんですってー。かしこいわ~。
私の中では「右巻き水晶」「左巻き水晶」と呼んで区別することにしましょう。

脳みそがしんどくなってきました(笑)。
結晶の向きをそろえてブレスレットにした、ということがすごく素敵なことなんです、私にとっては。

ずいぶん前になりますが、霊的なヒーリングを行っている方が大きな水晶の珠を108珠連ねた、本式の数珠を持っておられました。ヒーリングを行う際にはその数珠を手に持たれて、行っていらっしゃいました。
その数珠は“結晶の向きを揃えた”もので、持つ人のエネルギーを強く拡大するので、心・体・霊の浄化ができていないと、邪気も拡大してしまう・・・とのことでした。

私は身体に悪い食べ物も好きですし、邪心はありますし、霊的にはわからないですけど、まぁ完成されているとは到底言えないので、そのお数珠を持つことはもちろん無理なんですが、、、、

欲しいよねぇ(笑)

それから「結晶の向きが揃っている」って何だろう?とずーっと頭の隅っこに「?」が置きっぱなしになっていました。
それが仕入れに行ってみまして、このビーズたちを見かけまして「おお!そういうことか!!!」となったわけです。多分、エネルギー拡大のことから言っても、ヒーラーの方が持っておられたのは右巻きの水晶の珠を連ねたものなのではないかと思います。

片側の巻きずつ、一本ずつ販売しても良かったのでしょうけれども、どうもどちらかに偏ってしまうのは、言葉通りアンバランスな感じがしましたので、左右巻き両方をセットにして販売することにしました。
私自身も、ここのところ左右の腕につけています。
調子良い感じです^^

クリスタル・スフィア

Exif_JPEG_PICTURE

「光にはすべての色が含まれている」
「クリスタルは七色すべてのエネルギーがあり、オールマイティなお守り」

・・・というようなことを文字ではわかっていたものの、頭の中の知識でしかありませんでした。
それが、透明な水晶球を手にして体験となったことがあります。
もう随分前のことなんですが、今日、商品写真を撮っていたらデスクに置いてある水晶球に目が留まりまして、「このことを書こう」と思い立ちました。

上の写真のように、水晶球に光が入ると、どこかしら光が集まり、その周りに七色の色が現れます。

そっかー!こういうことか!!

と思った瞬間でした。
「えー、でもこれって光の屈折じゃん、水晶の色じゃないよ」という言葉が追いかけてきそうなものですが(笑)、
ローズクォーツがローズクォーツなりにピン ク色の光を、アメジストが紫を光を留め、反射し、
再現する存在であるのと同じように、クリア・クォーツも七色の光を再現しているんだと思ったんですよね。

まぁその時は理屈じゃなかったですけど(笑)。

私は虹色の光を見るのが大好きです。
自然現象の中のそれは、最高です。
透明な水晶球を持っていると、その虹の光がいつでも取り出して見ることができます。

ずっと以前に加勢先生が石の話の中で、「人は七色のものを見ると安心する」と言っていたことがあります。
ピアノの音で例えるなら、単色だと単音と同じでその特徴的なエネルギーが感じやすくて、ストレートです。
七色の場合には和音を聴いた時のような「ハーモニー(調和)」を、視覚的に感じ取り、安心できるということなのかもしれません。

水晶は特に群生した姿がポピュラーな石でもあります。
私達の体にもたくさん、水晶と同じ成分が含まれています。
私達も群れるのが大好きです(笑)。

でもちょっと、集団でいることに疲れたり、調和という言葉がわからなくなってしまったときには、
水晶球に虹色を探したり、花壇に水をまいて虹を作ったりという一時を持って、一休み、ですよ。

カヤナイト

kayanite

加勢先生のアドバイスにより、これまでずっと緑色系統の石を身につけてきました。

最近、ふとした折に「青色がオーラの中に・・・」「テーマが青に変化している」などのことを、ぽつぽつと耳にしていたので、
改めてしっかりと『どんな青色なのか、それは身につけるものを変えた方がいいのか』ということを聞いてみました。

すると、「期間限定だけど、こういう青色がいい」ということで選び出されたのが、カヤナイトでした。

加勢先生のカウンセリング時に、ご質問があった際にお伝えしている“身につけると良いクリスタルの色”は、

その人の人生のテーマ・カラーのようなもので、大きく違う色に変化することはありません。
しかしこの話のように、濃淡とか、隣のカラーレンジに移るとか、ちょっとした変化の出る時期もあるらしいのですね。

カヤナイトをしばらく着けてみたが、落ち着きません(笑)。
なんだか非常に冷たい感じがして、寂しい気持ちにもなりました。
それでしばらく水晶などの透明なものを着けたりして、ふらふらとクリスタル・ワードローブを巡っていたのですが、

三日くらいでむしょうに「カヤナイトが見ていたい、触りたい」と思うようになりました。

カヤナイトをつけていて感じるのは、

「昔自分が持っていた純粋な世界観を思いだすことができる」

ということ。

学生の頃、絵描きになりたくて、“アート” “アーティスト”というものに憧れていました。
「絶対に、世界を見る新鮮な眼だけはなくさないでおこう」と、何を見ても何かを感じ、一瞬一瞬を鮮やかに受け取るように・・・と努めていました。
それが絵を描くための“魂の保存”につながると考えていたからです。

カヤナイトを着けていると、魂の感覚を思い出せるようです。
自分の内側に、美しく鮮やかな世界、躍動感溢れる濃密な時間と、生まれ出る前に決めてきたシンプルな決心が蘇ります。
本来の魂が望んでいたことと、今の自分が離れてしまっている場合に、必要なことを思い出させてくれるクリスタルなのだと、思うのです。

全然大げさなことではなく、小さい頃に決めていた自分の信条を思い出す、ということだと思います。

是非カヤナイトを手に取られたら、本当は何がしたいと思っていたのか、よーくよーく、思い出してみてほしいと思います。